どういったホームページを作成したいか考えましょう

ホームページ作成の料金はサービス内容によってピンキリです。
オリジナルデザインの依頼をすれば数十万のコストが要ります。
ECサイトの構築を代行してもらうためにも数十万の先行投資が必要です。
一般的なホームページの作成代行なら数万円だけで済みます。
更に個人が趣味のサイトを作る場合、すべて独学で進める場合に限り無料で可能です。
管理やメンテナンスを代行してもらうと別途月額のコストが発生しますが、運営を代行してもらえば何かと楽でしょう。

ホームページ作成の料金とサービス内容

ホームページ作成の料金とサービス内容 ホームページ作成に掛かる料金はやり方によってピンキリです。
自分で無料サービスのスペースを借りてホームページ作成をすれば料金は実質的にゼロに出来ます。
ただ個人サイトだけが使える裏技とも言え、本格的な企業のオフィシャルサイトを構築しようとすれば、数万円のコストが必要です。
そこに維持や管理を代行してもらうサービス内容を追加すれば、更に月額料金が発生します。
ECサイトの構築代行を依頼すると、セキュリティ対策などの手間が掛かり、コストは数十万円になります。
オリジナルデザインのホームページ作成を代行してもらう場合も別途費用が加算され、数十万のお金が必要です。
画一的なデザインが増える現代において個性的なカスタムメイドのホームページ作成はとても大切です。

ホームページ作成にかかる料金の相場や業者選びのための注意点

ホームページ作成にかかる料金の相場や業者選びのための注意点 ホームページ作成を業者に依頼する場合、制作にかかる料金の相場は20~30万円程度です。
同じホームページ作成の見積もり依頼をすると、業者ごとに料金は異なり、数万円程度でホームページを作成してくれる業者もあれば、50万円以上のかかる業者もあります。
ホームページ作成にかかる費用の内訳は、トップページの作成に8万円程度、下層ページ作成に3万円程度(5ページ分の作成を依頼すれば15万円)、お問い合わせフォーム設置費に3万円、検索エンジン対策(SEO)費に3万円、ドメイン・レンタルサーバーの取得代行費用に3万円程度です。
これらの各費用を合計すると、一般的には20~30万円程になります。
先ほど紹介した費用は、ホームページに掲載する原稿や写真などのコンテンツを独自に用意して、それをベースにホームページを作成を依頼する場合の話です。
もし、ホームページに掲載するコンテンツも業者に依頼する場合、コンテンツ制作のための費用が別途発生しますので、70~100万円程かかることも想定されます。
ホームページ制作を行っている業者は、民間企業もあればフリーランスで個人で営業している場合もあります。
フリーランスの個人の業者に依頼した方が見積もり費用は安い場合が多いですが、民間企業に比べて実績は少ないので、費用と信頼性の兼ね合いで依頼先を決めることをお勧めします。

ホームページ作成お役立ちリンク

ホームページ作成 東京

新着情報

◎2019/7/23

専門的知識がなくても作成は可能
の情報を更新しました。

◎2019/5/30

個人事業主でも安心
の情報を更新しました。

◎2019/3/25

ホームページを自作する
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

作成前にSEOキーワードを決めよう
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

WordPressの使い方
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「ホームページ 料金」
に関連するツイート
Twitter